3000文字制作過程はほぼ勢い


スポンサードリンク

こぼりたつやさん企画の3000文字チャレンジ。

毎回テーマがあって、それをどう書くかは書き手の自由。

とにかく楽しむことをコンセプトに、毎回多くの参加者が面白いブログを書いています。

 

 

そこで、3000文字チャレンジメイキング、いつからやってるの、どんな風にやっているのをまとめました。

 

3000文字チャレンジのルールとしては、ひたすら文字のみ、装飾も基本なし(だいたいそんなところでしたっけ)ということで、テキストだけの内容で3000文字を書ききるというやつ。

 

最近のブログは文字装飾当たり前、画像当たり前なので、テキストだけだと味気なく感じるかもしれませんが、むしろテキストだけに集中できるというメリットがあります。

 

逆に画像が使えないからこそ、どうやって表現するかというところが大きなポイントになっているような気もします。

 

3000文字はいつから取り掛かるか

はい。もうこれは、お題が出たら即です。

こずえさんもツイートされていたのですが、お題が出たらそこからスタート。

 

でも、すぐに浮かぶものではないので、頭の中でお題がずっとぐるぐるぐるぐる回っています。

常に、その週の「お題」(納豆とかみかんとかいったキーワード)をずーっと念仏のように回しています。

こんな感じ。

 

「納豆か~」

「納豆って何かあったっけ~」

「納豆で思い出すことってないかな~」

 

キーワード派生とかありません。

ひたすら納豆ばかり唱えています。

 

なので、これが他のテーマに変わった場合でも、やっていることはほぼ同じです。

戦略も何もあったもんじゃありません。

ひたすらそのキーワードを頭の中でぐるぐる回したうえで、自分の経験の中から掘り起こしているだけっていう。

ブロガーとしては、もっとキーワードを意識した何かで考えられたらいいのでしょうが。

 

脳内垂れ流し系ブロガーとしては、こういう泥臭いやり方でしかできません。

 

文字数で書ける区切りがやってくる

さて、ここからは3000文字をどうやって書いているのか、文字数区切りでまとめていきます。

 

完全に乗ってしまったテーマであれば、気が付いたらかなりな文字数となるのですが、キーワードをぐるぐるして思いついたものについては、文字数で書ける単位の区切りが来ますので、どのあたりで息切れしかかっているのかお楽しみください。

一言で言ったらマラソンみたいな感じですね。

 

1000文字までの基本的なスタイル 

まず1000文字までは、ただの勢いです。

キーワードで思いつたエピソードをそのまま展開したり、感想を書いたり。

 

多分黙ってても1000文字くらいまでは、助走した状態の勢いで到達できます。

 

そのため、多少エピソードが少なくても、その部分だけど微に入り細に入りと書いてしまうと、あっという間に1000文字超えです。

 

で、だいたいここでいったん内容が区切りとなります。

 

1000文字以降-2000文字から2500文字くらいまで

ラソンなら、半分くらいすぎたところでしょうか。

疲れが出始め、スピードが落ちるような場面ですね。

実際、1000文字過ぎたあたりで、一度勢いが消えます。

 

例えていうなら、欽ちゃんの仮想大賞の審査で点数ゲージが上がり切って、途中で止まってしまい合格ラインに行かないみたいな。

 

手前の1000文字あたりで思いついたことを出し尽くしてしまっているので、ここからは苦しみだします。(でもやめない)

テーマで書いたことで、他に何か付け足せる要素がないのかを探し始めるのが、このあたり。

 

もう無策ブロガーとしか言いようがありません。

2500文字以降ラストまで

2500文字までは、思いつきを継ぎ足すみたいなことで、結構つぎはぎな部分が出てきます。

 

なので、最初から構成を練って書いているブロガーさんと違うのが、いきなり話の中身がスパッと変わったりもします。

 

でも、それでおかしいなと思ってしまうと、自分の手が止まりますので、そこは勢いでさらに登りつめて2500文字くらいまでに到達するんですが、またここで勢いがなくなります。

 

そうです。

ネタ切れです。

 

そして、また同じ方法を繰り返して、話の派生がないかで展開するか、その内容をさらに掘るかで内容を作ります。

 

ということで、1000文字書いた後は、だいたいごり押しで内容が出来上がっているという状態。

 

今までの記事の制作状況を文字数単位で振り返る

実際、どうやって過去の記事ができてきたのかを振り返ってみます。

 

まずは、3000文字納豆。

saitasaita.hatenablog.jp

これ、ちょうど1050文字のところで、いったんピークが止まっています。

子供の時に納豆食べられなかったっていう話を思い出して、それをベースに書いたんですけどね。妊娠がきっかけで食べられるようになったっていうところで、区切りが来ます。

もっと膨らませたかったのですが、膨らませた割には、止まりました。

で、ここから話を3000文字にするのにいろいろ引っ張り出していきます。

 

においに始まって、買っているおススメの納豆やメーカー名の話。

 

それを書いてようやく2000字超えしたんですが、これでもまだ足りない。

で、さらに記憶を掘り出して書いたのがデイリーポータルZでやっていた企画の話。でも、これもすぐ終わってしまうので、さらに追加で納豆の手遊び。

歌と手遊びが含まれるので本当なら画像を張りたいところですが、ルールが文字のみなので伝わっているかは不安です。

 

ここまで来てようやく3000文字をめでたく超えました。

なので以外とあれこれ継ぎはぎなんですよね。

 

続いて、3000文字雑草。

saitasaita.hatenablog.jp

最初は、雑草魂とかで思いついて、そこから自分の仕事の苦労したこととか書こうと思ったのですが、多分テーマがかぶるかなというのと、すでに思い出せないので方向転換しました。

ひたすら雑草を唱えながら。

そこで出てきたのが、子供の野球でいつも草生えてるなーっていうのと、実際の草刈り機まさおの話。

オチが草刈り機の話までに引っ張りたいがために、延々とお茶当番の話が続く回です。

草刈り機まさおだけでは内容が作れないので、草刈り機あったらいいんだけど、実際現実はこんなことやってますっていう現象を書いただけ。

 

なので、3000文字に到達するのに、途中でエピソードを差し込んだため、勢いが止まるというよりは、書いてみて足りないから話を差し込むスタイルになりました。

 

そして3000文字雪。

saitasaita.hatenablog.jp

これは雪になじみがないために、どうしようか悩んだのですが、なかなか経験できなかったことをまだ覚えていたために、そのまま書き綴ったというパターンです。

3000文字雑草とスタイルは近いです。

 

年明け早々の2019文字ブログ。

saitasaita.hatenablog.jp

これは乗ったパターンのテーマでした。

そのため、あまり苦労してないかと思います。自分の思いをそのまま文章に起こしただけ。

ただし年末年始だったので、ほぼスマホで書いたため、そっちのほうが苦しかったりしました。

普段はPCで書くので、ここまで遅くないのですが、書きあがるのに時間がかかったパターンです。(それでも日をまたいで3日ほど)

 

次の3000文字みかん。

saitasaita.hatenablog.jp

これはお題が出たときに、ぐるぐるし始めたら、自分の日常が出てきてしまったので、「果物高いじゃないか!」を書きたくて書いたやつです。

3000文字到達のためにやったのは、扱う果物の種類を増やして、それぞれ感じていることを書くこと。

これも比較的乗りやすかったほうのテーマです。

 

3000文字月曜日。

saitasaita.hatenablog.jp

月曜日もだいたいが面倒とか憂鬱とかっていうので、かぶりそうなんですよね。

私も、面倒とか憂鬱のイメージしかなくて、こればかりは掘り起こしづらかったのですが。

そのため、逆にブロガーとしての「問題解決記事」みたいだったらどうなるだろうというので考えたのが、あの月曜日の記事でした。

 

それと組み合わせで使ったのが、「概念」というキーワード。名称に罪はないし、休日の後の開始の日というのが月曜日なので、これはもうカレンダーごとずらしてみたらどうかというので書きました。

 

しかし、これもまたピークが来るんですよね。

月曜日の憂鬱を減らす改善策を書いても3000文字に到達しませんでした。

1800文字あたりで改善策の話が終わってしまいました。ということで、ここからまた継ぎはぎ。

後は月曜日ってなんだっけかなというので足していくのに思いついたのが歌です。

最初ははらぺこあおむしの歌だけで逃げ切れると思ったのですが、それだけだと3000文字には足りなかったのでロシア民謡をプラスしてみました。

 

3000文字おすすめ。

saitasaita.hatenablog.jp

おすすめでぶっちぎったやつです。

これは完全に乗っかったやつなので、勢いでいくらでも書けました。むしろ自分が燃え尽きるので途中でやめたほう。

あとリンク張ってもいいよっていうのだったので、おまけでリンク張り始めて解説加えたので、全部で6000文字超えていました。

 

乗ったパターンは勢いで書ききりますが、乗ってないパターンのほうは、実は3000文字の最初の1000文字を書いたあたりで、文字数が足りない場合には、その場でネタを出し始めて勢いで書いています。

結構こじつけが強いかもしれませんが、勢いで振り切っています。

 

結局、全部勢い。

 

なんで勢いで書いているかというと、手を止めて寝かせてしまうと自分のイメージが薄れたり、イメージしていたものが書けなくなったりするからです。

 

無策系勢いブロガーなので、テーマから構成を決めてどういう展開までするかと計画を立てられている方の構成方法を真似したいと思う反面、自分がやったら手が止まりそうです。(創作系が苦手)

 

もとみさんやコーエンさんの制作過程を読みましたが、綿密に計算されているのが、本当にすごいです。

 

jibunpress.com

not-manzara.com

 

3000文字を制作する時間

と、ここまででだいたい文字数のまとめで区切りがあり、勢いがないのをどうするかという話でしたが、実際これをどれくらいで作成しているか。

 

ネタが発表されたら、常に考え、頭の隅に置いておき、思考が自由になる限りは、そのネタを追いかけています。

 

木曜に発表されたら、ずーっとぐるぐるしているわけですが、思いつくのに2,3日はかかっていることが多かったです。

 

そこから今度は書き始めるのですが、記事を完成するのには、スマホで書けるかPCで書くかの差もあるので、早ければ1日のうちに。

時間が取れないときは、分割して2日から3日くらいになることもあります。

 

ただ、記事を書くことそのものは、思考から出たものをアウトプットする作業だけなので、手を動かしている時間はおおよそ3時間くらいだと思います。

 

3000文字チャレンジによって気がついたこと

やってみてわかるのですが、普段ブログを書いているのもあって勢いで1000文字までは書けるようになりました。

 

だから、

自分の知っていること

今まで経験したこと

感じたこと

気になること

 

いろんな要素をキーワードを軸にしながらも、勢いよくテーマをベースに1000文字まで到達できます。

 

しかも、割と駆け足で書けるんですね。

 

これって、少なくともブロガーにとってはいわゆる「最低でも1000文字」を楽にクリアできるってこと。

 

なので、読まれる記事を書くためには、それ以外の部分をじっくり肉付けできたらそれだけで厚みのある記事ができるんじゃないかと思います。

 

それから、参加していないテーマもあるんですが、これはもう無理しません。

掘っても出てこなかったっていうのが、実際にはあるので。

というか、掘ったけど1000文字どころか面白いネタになりそうな何かを自分が感じたことがなかったというほうがいいかもしれません。

 

過去書けなかったのは、1回目のハンバーグ、年明け後のチョコレート、現行開催中の橋です。(橋は始まったばかりだけど、お題はその前からぐるぐる回していました。でも出てこないんですよね)

 

ハンバーグは当初、「ファミレスで食べた」というのが盛り込まれていたと思うのですが、実際に行く機会がなかったのでこれはもう見送りました。

 チョコレートと橋は、これまた思いつかないんですね。悲しいことに。

 

でも、開催中、開催後も記事が上がってきたものを読ませていただいています。

毎回、面白い記事が読めるので、他の人の書いたものもとても楽しみです。

 

3000文字はひたすら面白くやる

 参加者の方々も、恐らくこのスタンスで参加していると思います。

とにかく楽しむこと。

 

書くこともですが、読むほうも楽しいです。

自分と違うスタイルも、それはそれで。

むしろ、違うスタイルを読むことで、文章構成に関していろんなことが学べると思います。

 

目から鱗とか。

思わず膝を打ってしまうとか。

なるほど、そう来たか!というものがたくさん読めます。

 

その中から、学んだことを次に使ってみる方もいらっしゃいますが、今のところ私には真似できません。(汗)

 

各々のスタイルがあると思うので、そこをまた無理に変えても面白くないので、やれないことは無理しないの精神で。(笑)

 

企画したこぼりさんも毎回ツイートされていますが、「無理しない!」に尽きると思います。

 

無理すると遊びじゃなくなりますからね。

でも、これを何度か繰り返しているうちに、また別の何かが見えてくるかもしれないかなという期待感もあります。

 

それと、これは参加してて思ったことなのですが、他の方の書いた文章を読んでいると、流し読みとかではなくてじっくり読みこんでしまいます。

 

普段は調べもので使うことが多いので、あまり読み込まないのですが、3000文字の場合は、どうしてこういう文章なの?とかどうやってこの話になるんだろうとか、そっちも含めて考えるのが楽しいです。

 

というわけで、また脳内垂れ流しで書いてしまいましたが、この企画が気になる方は、ぜひ参加してほしいと思います。

 

書くのも楽しい。

読むのも楽しい。

それを後からコミュニケーションするのも楽しい。

 

ー終ー